債務整理

  • 借金が増えていくばかりでどうしたらいいか分からない
  • 毎月の返済が苦しくて生活の建て直しもできない
  • 債権者からの取立で生活がままならない
  • 過去に払い過ぎた利息を取り戻したい

借金問題でお困りの方は、当法人にご相談ください。
 生活再建の方法は必ずあります。お一人で悩まず、専門家にご相談ください。

 法律家が介入すれば、

  1. 貸金業者からの取立が止まります。
  2. 手続き中は債権者への返済を止めることが出来ます。
  3. 利息制限法所定の利率で再計算することにより、高金利での借り入れは減らすことができます。

 借金問題は人それぞれです。その解決のためには、それぞれ異なる状況を見極め、最適な手段を選択していかなくてはなりません。 私たちがあなたのご希望を踏まえ、借金問題解決への最善の方法をご提案いたします。
まずは勇気を出して、専門家に相談することから始めてください。

≪任意整理≫

 裁判所を通さずに司法書士があなたの代理人として直接貸金業者と交渉します。  そして、取引開始時にさかのぼって利息制限法所定の金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額した上で、原則として将来利息をカットし,最終的には3~5年程度の分割払いで返済する内容の和解を貸金業者と結び借金を整理する手続です。
 貸金業者との交渉から和解成立まではすべて司法書士が行いますので、あなたが何かする必要はなく、裁判所などにも行く必要はありません。

                               

≪過払い金返還請求≫

 貸金業者に払い過ぎた利息(過払い金)を取り戻します。過去に支払ってきた利息のうち、利息制限法を超過する部分は無効となりますので、この超過した金額を元本に充当させることにより過払いが発生し貸金業者に過払い金の返還を請求することができます。

                              

≪自己破産≫

 あなたの現在及び将来の収入や財産によって借金を返済していくことが難しいことを裁判所に申し立て、その許可を得る事により(免責決定)、現在あなたが持っている高価な財産を処分するのと引き換えに、法的に借金を免除してもらう制度です。
 裁判所から免責決定がおりれば、借金を返済する必要がなくなるため、心機一転しての生活再建を目指す方には有効な手段です。

                              

≪民事再生(個人再生)≫

 裁判所に申立を行い、認可を得た上で、法律で定められた最低弁済額(通常は債務総額の約5分の1)を、原則として3年間の分割で支払うことで、残債務が免責されます。
 住宅ローンがある場合でも、住宅ローン以外の債務を大幅に減額することができますので、持家を残したまま債務整理することが可能となります。

債務整理手続きを専門家(認定司法書士・弁護士)に依頼する際に、最も重要なのは自分に合った専門家に依頼するということです。
借金問題はデリケートな問題です。その整理・解決をお手伝いするにはお互いの信頼関係が絶対的な条件となります。
 昨今、債務整理を専門とする多数の複数の法律事務所でご相談してみることをお勧めします。そして、その複数の選択肢の中の一つとして、当法人を加えて頂ければ幸いです。

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。お問い合わせは何度でも無料です。

ご相談の内容を外部にもらすことはございません。ご安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:072-227-1906
【受付時間】9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのご相談は24時間受け付けております。
お問い合わせメールフォームはこちら